2019年11月17日

吉例顔見世大歌舞伎



歌舞伎座、吉例顔見世大歌舞伎 夜の部。
ラグビーワールドカップのマスコットが連獅子をモチーフにしたものに決まった時に「開会式で幸四郎と染五郎あたりにリアル親子毛振りをやってほしい」とインスタにも綴っていたのだけど、まさにその配役での連獅子!息もぴったりで(ラストが近づくにつれて染五郎くんがかなり荒ぶっていたけど、若々しくて良い)圧巻の迫力。
うれしくて、myレンジー(ジー)と一緒に撮影。
「鬼一法眼三略巻」は菊の季節にぴったりの華やかさ。お披露目となった初代中村莟玉は一般家庭から歌舞伎の世界に入ったのだそう。
「市松小僧の女」は池波正太郎作品。鬼平犯科帳にも取り入れられたエピソードで、歌舞伎では42年ぶりの上演とか。歌舞伎にしてはかなりわかりやすい演目。男勝り→恋に目覚めて→小間物屋の女房というお千代さんの変化に感心。

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/644/
posted by nono at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マロンパイ

2019-11-17 15-00-40.jpg

期間限定かつ数量限定なのに予約ができなくて平日は食べるのを断念していた『KIHACHI CAFE』のマロンパイ。タイミングよく日比谷店に行くことができたのでやっとオーダーできた。洋栗ペーストとさくさくのパイ生地は濃厚なハーモニー。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13214088/
https://www.kihachi.jp/restaurant-cafe/

posted by nono at 15:36| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復活エビライス

2019-11-17 13-05-24.jpg

海老好きとして一度で心をつかまれたメニュー、表参道『ビストロ ル・マン』のエビライス。その次に行ったらメニューから消えていて、ショックのあまり店員さんにエビライスの復活をお願いしたくらいだったのだけど…。
久しぶりにお店を検索したら、別の店名になってリニューアルオープンしていて、しかも当時を知らないシェフがエビライスを復活させたとのこと。これは行かなくては!
ということで早速、新しくなった『サンクアベニュー』(何故フランス語と英語混じり…)へ。エビライスはフリットだった海老がフライになっていたりしたけれど、記憶のままの味。美味しかった〜。

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13132049/
https://www.instagram.com/cinq_avenue/
posted by nono at 13:35| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする