2020年06月17日

さよなら南海

2020-06-17 19-31-04.jpg

神保町すずらん通りのレジェンド的洋食屋さん『キッチン南海』が半世紀の歴史に幕。
来週26日の閉店を前に連日大行列とは聞いていたのだけど、K嬢が一度カツカレーを食べたいということで行列チャレンジ。
昼間14時すぎを狙うも20分以上並んで様子見したところでなかなか入れそうもなく。あきらめて会社を定時で上がり夜の部に。
18時に到着したときはすでに5〜60人の行列。
数日前に南海に来たという同期とLINEしたりしながら1時間20分ほど待って(待っている間、通りかかった知らないおじさんに「昼間も並んでたでしょ」と話しかけられた!連食しようとしていると思われたかな…)やっと食べることができた名物の黒いカツカレーは20代の頃から親しんできた青春の味。揚げたてサクサクのカツは正義!
神保町花月の前に店主の甥っ子さんがのれん分けの新店をオープンするそうなので、これからもこの味が引き継がれますように。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000612/

K嬢も喜んでくれてよかった。けれど帰ってからまた腹痛に苦しむことに…。
posted by nono at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。